「好きすぎて辛い!」片思い期間を楽しむためポイント3つと心がけ

「好きすぎて辛い!」片思い期間を楽しむためポイント3つと心がけ

「好きすぎて辛い!」片思い期間を楽しむためポイント3つと心がけ

片思いの経験は、だれでも少なからずあると思います。片思い中は、きちんとお付き合いができる仲には至っていないため、時には「好きが増して辛い」と思うことも。ここでは、片思いの恋に落ちた時にやってはいけないことや、楽しく過ごす秘訣をご紹介します。

 

好きな人のことをいつも考えて悩む!

「好きすぎて辛い!」片思い期間を楽しむためポイント3つと心がけ

片思いをしていると、好きな人のことを考えてしまい、より「好き」という感情が増してしまうことも多いはず。考えているだけなら楽しいものの、「会えなくて辛い」などのように、満たされない感情から悩みに発展してしまう人もいます。また、片思い期間は、両思いとは異なり、完全に一方的な思いに打ちひしがれてしまう場合も、少なくありません。

 

たとえば一目ぼれで好きになった人がいるというケースでは、相手の連絡先も名前もわからないことがあります。ただ心の中に「好き」という思いを抱えたままの状態。相手への思いが強くなると、「恋煩い(こいわずらい)」になりかねません。恋煩いとは、いったいどのような症状なのでしょうか。

 

恋煩いの症状って何?

「好きすぎて辛い!」片思い期間を楽しむためポイント3つと心がけ

好きな人のことを考えるあまり、食欲がない・睡眠不足・集中力の低下など、日常生活に支障をきたしてしまう症状に見舞われることです。恋に落ちて楽しいという思いとは裏腹に、辛くて仕方がないという感じです。

 

相手を思うあまり、いつもの自分なら決してやらないような行動に出てしまうリスクもあります。そのため、相手によっては迷惑がられてしまい、両思いになることさえ難しくなってしまったという最悪のケースも。そのようなことにならないよう次からは、恋煩いの時にやってはいけない行動と、片思い期間を楽しく過ごすポイントをお伝えしたいと思います。

 

片思いの恋でやってはいけない行動4つ

1.しつこいメール

「好きすぎて辛い!」片思い期間を楽しむためポイント3つと心がけ

片思いの相手の連絡先を知っている場合は、メール攻撃に注意しなければなりません。付き合っていない場合は、1日1回のメールさえも束縛のような感じに受け取られる場合もあります。相手とのやり取りの頻度に合わせて、メールが来たらメールを返すというようなやりとりにおさめましょう。どちらかが多すぎると、一方が「返事をしなきゃ、重いなあ」なんて感じてしまいます。

 

2.ストーカー行為

メールの返信がないと、「どうしたのかな〜」と相手のことを知りたくなってしまうもの。だからといって、相手のことを付けまわすなどの行為は、やらないようにしましょう。相手にドン引きされてしまうようなことは注意。片思いの恋に、自ら終止符を打たなければならないリスクもあります。

 

3.彼のいいなりになる

「好きすぎて辛い!」片思い期間を楽しむためポイント3つと心がけ

彼のことが好きすぎて、予定を合わせすぎることや、彼のいいなりになってしまうと、ただ単に都合のよい女に見えてしまいます。時には合わせるものの、無理して合わせないことも重要です。都合の良い女になってしまうと、上下関係ができて、彼から恋愛対象として見られにくくなります。

 

4.プレゼント攻撃

付き合っていないのにプレゼントが多いと、「重い!」と思われてしまうこともあります。プレゼントをあげるのは、必要最低限にとどめておくほうが無難です。もらった側としても「なんかお返しをしなきゃかな」と気を遣うこともあります。相手に気を遣わせないなら、プレゼントというかしこまったものではなく、日常的なお菓子などのほうがよいでしょう。

 

片思い期間を楽しく過ごすポイント3つ

1.会えるまで自分磨きをする

「好きすぎて辛い!」片思い期間を楽しむためポイント3つと心がけ

恋愛は人を輝かせてくれる効果も期待できます。せっかく恋に落ちたのなら、彼に会えるまで自分磨きをしましょう。片思いだと、いつ彼に会えるかわからないということもあると思います。そうだとしても、いつでも彼に会えるように心がけることが大切。髪の毛などのお手入れ・服装など外見的な点を見直すほか、読書などをして男性心理を学んでおくなど、内面的な成長につなげてみましょう。

 

2.恋愛以外を充実させる

恋煩いがひどすぎて、日常がおそろかになりつつあるという場合は、恋愛以外に視野を向けることです。人生で大切なことは、仕事や勉強など恋愛以外にもたくさんあります。もちろん恋愛だって、彼だけが運命の人とは限りません。より自分の可能性を追求するべく、いろいろなことに挑戦してみましょう。SNSのイベントに参加する、好きな歌手のコンサートに行くなど、自分が充実できそうだなと思える場所に行ってみましょう。

 

3.メールをしない

「好きすぎて辛い!」片思い期間を楽しむためポイント3つと心がけ

彼のことが気になると、ついメールも気になるなんていう人も多いです。しかし、彼の返信にヤキモキするくらいなら、メールを自分からしないと決めることも大切です。先ほど述べたように、しつこいメールは相手を疲れさせてしまいます。メールをしないために、スマホも見ないというように、自分なりのルールを作ってみるのもおすすめです。

 

さいごに

片思い期間は、辛いと思うこともある反面、いろいろなことで充実しやすいといえます。なぜなら恋愛は、充実した日々をもたらすものになるからです。彼を思いすぎてしまったら、恋愛にのめりこみすぎないように注意し、恋愛以外のことにも目を向けてみましょう。きっといつもよりも、輝いてみえるはずです。

 

おすすめの更年期サプリはこちら